2016年12月29日

身近な所で当たり屋が。。。

山梨で創業121周年、子供メガネ・シニアメガネ・補聴器はお任せ下さい。」セイビドーホームページメガネ・補聴器のセイビドーの社長、輿石丈夫のブログです。


まもなく年が終わります、今年1年大変お世話になりました。また来年もよろしくお願い致します。
穏やかな年になって欲しいものです


さて、今日は先日私の友人に実際に起きた事件をお伝えしようと思います。
これは山梨の身近な所でもこういう事が起きていてみんなで注意をしようと情報共有することを大きな目的として書きます


私の友人が車を運転していて交差点を左折しようとした時、自転車に乗っていた方から、ぶつかった(いわゆる巻き込み)と言われました。見ると大学生くらいの年齢


すぐに慰謝料らしきものを(5万位?)を請求され、とても困った友人が近くにあった私どもの店に相談しにきました。その友人は前から私どものお客様だったので、思い切って店に入ってきたのだと思います


すぐに慰謝料を求めてきたり、名前や住所などを教えたがらない等不審な点があったので、人身事故になってしまうかもしれませんが、うちのスタッフなどの意見もきき、警察に連絡をし対応をしてもらいました


いったんは人身事故、慰謝料2万で決着がつきましたが、後からなんと、その人が「当たり屋」で前から同じような事故を起こしている事が分かりました。
自転車自体、自分のものではく友人のもの(そこから身元が分かったのですが)、名前も連絡先もデタラメでした。
本当に自転車がぶつかったのかも怪しいものでした。


それが分かったので、友人は人身扱いにもならず2万円も戻ってきたそうです
友人いわく「自分だけで対処しようとしたら警察はまず呼ばなかっただろう」と当社のスタッフにとても感謝していました


私もそういう場面に出くわしたら警察を呼んでいたかというと自信がありません。人身事故はすぐに免停になってしまうのでやはり示談を考えたでしょう


今回の事件はそういう運転者の事故を起こしたくない、免停などになりたくない、できれば他の人に知れず終わらせたい、という心理を逆手にとった卑劣な犯行です。とても許されるものではありません


同じような犯罪に二度と周りの方が巻き込まれない様に願うばかりです

それにしても学生がこんな事を考えるなんて時代も変わりましたね
運転される方は自転車の「当たり屋」にも注意しましょう!




posted by セイビドー at 18:47| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする